人を知る

裁量を求めて、アパレルから転職を決意。

# コーポレート

# 中途入社

総務部

近藤 亜海

ami kondo

東京都出身。青山ファッションカレッジ卒業。2020年6月 中途でmadoguchiに入社。2023年7月から総務部長を任され、現在は、問い合わせ対応などの事務から、経理、人事まで幅広い業務を行っている。

8:00

起床

身支度をして、朝ご飯を食べてオフィスへ出発します。

10:00

出社

出社したらまず最初に、メールの確認や案件確認を行ってから業務に入ります。

11:00

朝礼、総務部朝礼

13:00

お昼休憩

サンドウィッチ屋さんでランチを楽しみます!田町にはおしゃれで美味しいお店がたくさんあります!

14:00

総務部ミーティング

午後に総務部ミーティングを行い、総務部メンバーの今週のタスクを確認などを行います。

15:00

作業

16:00

退勤

この日は早めに退勤します。madoguchiは、フレックス制のため、コアタイムを守れば、自分の予定に合わせて、働く時間を変えられます!

17:00

学生時代の友達とディナーへ

21:00

帰宅

帰宅後は、自宅でゆっくり過ごします。

23:00

就寝

Q.madoguchi に入社した理由を教えてください

新卒で入社した会社では、アルバイトでもできるような業務の内容で満足いってなかったので、裁量のある仕事がしたいと思い、転職を決めました。入社当時はまだ、社長と社員2人、当時インターン生だった取締役の福士さんだけの会社だったので、自分に任せてもらえる仕事が多いと思い、madoguchiに入社することを決めました。

Q.入社前はどんなことをしていましたか?

前職は新卒で入社した会社でアパレルの販売員をしていました。ノルマは無かったですが、売り上げのランキングなどが出ていたり、内容的には営業っぽい仕事をしていました。
当時は将来的にアパレル関係の事務をやりたいと思っていたのですが、コロナ禍で求人が出ていなかったり、未経験の募集が無かったり、もし就職できたとしても、定型的で決まった仕事ばかりで、私は面白さが感じられないなと感じていました。

Q.現在の業務内容を教えてください

主に事務全般を扱っています。『ブランド査定の窓口』、『おそうじ合衆国』、『不用品回収の窓口』のエンドユーザー様からの問い合わせの対応や事業ごとの売り上げ、件数などのデータ作成、人事的な業務だと、新入社員の入社手続き、社員の勤怠確認、インセンティブの計算、評価シートの作成などを行っています。また、部長として他のメンバーのタスク管理や目標設定なども行っています。

Q.現在の仕事の一番の面白さはどこですか?

一番は具体的な仕事内容というよりこの会社の人たちと働けていることです。私は特に働く上での人間関係や一緒に仕事をして楽しいと思える環境というのは大事にしたいと思っているので、そこが私にとても合っていると思います。業務的なことでいうと、お問い合わせ、その他お客様や加盟店様の対応など、発生した問題を解決できた時に、やりがいを感じられます。総務部は現在3名で業務を行っているのですが、「期限内で達成させよう」と決めた業務に対して、協力し合って達成できた時に仕事の面白さを感じます。

Q.madoguchiでチャレンジしていきたいことを教えてください。

これまでも色々チャレンジさせていただいてきましたが、これからはどんどん会社が大きくなっていって、社員数も増えてくと思うので、それでも今と変わらない雰囲気や距離感だったり、今よりさらに会社の人たちが働きやすいと思えるような社内の環境作りに貢献していきたいと思っています。

Q. 応募者にメッセージをお願いします。

私は人との交流が楽しく、明るく働くことが何よりも大切だと考えています。この会社は、明るい雰囲気の中で新しいことに挑戦できる場所だと感じています。どんなことでも積極的に取り組み、成長できる環境が整っていると思います。一緒に働いて、共に楽しみながら成長していけたら嬉しいです。ぜひ一度お話ししましょう!

madoguchi
あなたを待っています

我々は、自ら新たな市場を切り拓いていくチャレンジをしたいと考えています。
madoguchi株式会社が必要不可欠となっている未来を一緒に創ってくれるメンバーを探しています !